インティマレーザー

インティマレーザーとは

二宮レディースクリニックではインティマレーザーによる治療を受けることができます。

ではインティマレーザーとはどのような治療なのでしょうか。

インティマレーザーとは、エレビウムヤグレーザーを使用して、女性器の治療をすることを言います。
インティマ(=大切な部分を)レーザー(=レーザーで治療をする)ということですね。

インティマレーザーと一言でいってもその治療は色々あります。

インティマレーザーでできることをご紹介していきましょう。

インティマレーザーで治療できること

インティマレーザーで治療できることは大きく4つあります。

  • 排尿に関するトラブルを治療する
  • 臓器脱に関するトラブルを治療する
  • 腟症状に関するトラブルを治療する
  • 性機能に関するトラブルを治療する

インティマレーザーで排尿に関するトラブル治療する

これは、インティマレーザーを使用するもっとも重要な治療目的といって良いでしょう。

なぜって、インティマレーザーって、尿道の中に直接装置を挿入して、レーザーを尿道の粘膜に照射することができるからです。

インティマレーザーを尿道に照射することで
弱くなっている尿道粘膜をふっくらと再生させることができます。

インティマレーザーの照射で、尿道粘膜の修復や、尿道を支えている周辺の組織を再構築することができます。

・尿失禁が改善したり
・排尿時の違和感やなくなったり
・何度もトイレに行かなくなったり
良いことがたくさんありますよ。

しかし、尿道を修復させるだけでは不十分な人も多いです。

なぜなら、尿道を支えているのは、その奥にある腟だから。

腟の壁も緩んでしまっている人は、尿道だけのレーザーでは効果は不十分なので、腟のレーザーも併せて照射することで効果がしっかりと期待できます。

まとめ
インティマレーザーで尿失禁の治療ができます。
尿道と腟の両方にレーザーを照射することで、失禁への治療効果が期待されます。

インティマレーザーで臓器脱に関するトラブルを治療する

インティマレーザーを使用することで、骨盤臓器脱を治療することも可能です。

でも、治療できるというと
1回で臓器脱が完全に治ってしまうと誤解してしまう人もいますので、
そこはきっぱりと否定させていただきます。

インティマレーザーは2~3ヶ月に1回程度、繰り返して治療を継続していくことで、徐々にゆるんだ腟の壁が引き締まり、臓器脱の症状を改善させることができます。

特に膀胱瘤と呼ばれる腟の前側のたるみが起きてしまっている人は、
徐々に腟の壁が引き締まって臓器がしっかりと腟の中に収まっていくことが期待できますよ。

一方で、純粋な子宮脱だけの人の治療は苦手です。

なぜなら、純粋な子宮脱は、子宮を支えている靭帯が伸びてしまって子宮だけが腟から顔を出している状態。インティマレーザーで引き締めることのできる場所よりもさらに奥の損傷によって子宮脱が起きているからです。

そのため、全く効果がない、ということではありませんが、治療効果は低いと考えられます。

純粋な子宮脱であれば、レーザーを何度もするよりも
手術などをはやめに検討するほうがよいかもしれませんね。

もちろん、患者さんは自分の臓器脱の状態がいったいどうなっているか、なんてわからない人がほとんどです。

そのために、私たち女性泌尿器科医がいますので安心を。

受診いただいたらきちんと診察させていただき、レーザーの適応なのか、手術のほうが望ましいのかということを説明させていただきます。

まとめ
定期的なインティマレーザーで骨盤臓器脱の治療ができます。
子宮脱のみなら手術をお勧めします。
どのタイプかは、担当医がしっかり診察させていただきますのでご安心を。

インティマレーザーで腟症状に関するトラブルを治療する

インティマレーザーは腟のさまざまなトラブルを治療することができます。

腟のトラブルの中でも、インティマレーザーが得意なことは、
腟のゆるみを改善させることです。

腟の壁が全体的にゆるんでしまったために感じている不快感や、お風呂に入った後にお湯漏れが起きている状態などを治療することが可能です。

腟の不快感を感じている人におすすめのレーザーは、もちろん腟の中にレーザーをあてることですが、
腟の入り口がぽっかり開いたような不快感があるひとは、外陰部へのレーザーも併用すると良いですよ。

なぜ腟にも外陰部にも充てる必要があるのか?って

それは、腟はあくまでも腟。レーザーをあてて引き締まるのは内部だけだからです。

一方で、外陰部も同じように組織は弱ってきますが、外陰部(腟口)には外陰部(腟口)専用に引き締めるための方法があるからです。

腟全体をひきしめると同時に、腟の入り口のケアのために外陰部のレーザーも併用すると、不快感も一気に解消しますよ。

治療回数は、1~2ヶ月おきに3回の治療をすることがおすすめですが、軽度のものであれば1回で改善を実感できます。

まとめ
インティマレーザーで腟症状の治療ができます。
腟と外陰の両方にレーザーを照射すると、腟のゆるみなどに効果的です。

インティマレーザーで性機能に関するトラブルを治療する

性機能の治療は大きく2つのパターンに分けられます。

痛みや萎縮、狭いなどの理由で挿入自体が苦痛な人。逆に、腟が緩むためにフィット感が低下したり、 セックス中の尿漏れがでないか気になってしまったりして、セックスを楽しめなくなっている人。

どちらもインティマレーザーで治療が可能です。

治療方法や照射部位の詳細は、診察した後に必要な部位を説明します。

腟の緩みや尿漏れが気になっていることが、よりよいセックスの妨げになっている人はインティマレーザーにお任せください。

性交痛の場合は、インティマレーザー以外の治療をご提示することもあります。
まとめ
インティマレーザーは性機能の治療もできる。特に緩んでしまっている人には最適な治療。
痛みの治療も可能だが、状況によって適切な治療を主治医と相談しましょう。

いかがですか?

女性の陰部のトラブルはとてもたくさんあります。

みんな涼しい顔をして生活していますが、実は普段から困っている人も多いんです。

せっかく勇気をだして病院を受診しても、受診する病院によっては、こんな症状は治療対象ではないと言われて、諦めている人もいます。

二宮レディースクリニックでは、さまざまな治療方法や治療機器から、あなたに最適な治療方法をご提案することができます。最後まで諦めずに治療をすればあなたの努力は必ず報われます。あなたが望めば、症状に向き合って誠実に治療のご提案をさせていただきます。

インティマレーザーでできることまとめ

インティマレーザーを使用することで

  • 尿失禁
  • 骨盤臓器脱
  • 腟弛緩
  • 性交痛

の治療をすることができます。

しかし、これらの症状は腟・尿道以外のトラブルから生じていることも多く、まずはしっかりと専門的な診断・評価をした上で、レーザーの適応が適切なのかを判断すべきです。

婦人科・泌尿器科の知識をもった医療機関で相談をしましょう。

インティマレーザー治療の流れ

インティマレーザーの治療は、どの部位にレーザーを照射するのかで大きく準備や時間が異なります。ここでは、各部位の治療の流れや治療に必要な時間をお伝えしていきます。

腟レーザー

所要時間 20~30分

1、診断

腟レーザーを行っても良い状態か、または患者さんの希望と治療がきちんと合っているか、事前に必ず診察を行い医師から許可が出た人だけがインティマレーザーを受けることができます。

2、麻酔

腟の入り口に担当または看護師が塗る麻酔を行います。

3、問診票、記録

麻酔が効くのを待っている間に、現在の排尿状態や腟状態などの問診票を記載していただきます。レーザー照射前に腟内温度の測定・写真による記録も行います。

(合併症や副作用がでていないか評価するためにも重要ですので、どうぞご協力をお願いいたします。記録したものは、プライバシーを守られた状態でデータとして保存されます。学会・論文などのデータとして使用させていただく際には、許可をいただきます)

4、施術

自動的にレーザーを照射してくれるGランナーを使用し腟内の照射を行います。

Gランナーを使用することで、人間が手動で行うレーザーよりも効果的にすばやく安定したレーザー照射を行うことができます。

まずは、ドット(水玉)状にレーザー照射を行います。(2~4往復)

その後、腟全周に連続でレーザーを照射します。(1~2往復)

照射される部位によって痛みや暑さを感じることがありますので、我慢できないほどの痛みを感じたときはすぐに施術者にお伝えください。出力を調整していきます。

5、記録

腟内に問題がないかの観察と、腟内の温度を測定します。

6,着替え、会計、帰宅

施術後はほぼ痛みなどはありません。

オリモノなどに変化がでることがあります。

インティマレーザー 料金のご案内

尿道レーザー

1回 33,000円

腟レーザー

1回 77,000円

外陰レーザー

1回 55,000円

インティマレーザーについてよくある質問

ご予約
RESERVATION

当院のご予約はすべてWEBからのご予約となっております。
当日のWEB予約は1時間前まで可能です。

※医療アートメイクのご予約はお電話のみとなっております。
オンラインでのご予約は受付しておりませんのでご注意ください。