肉眼的血尿

肉眼的血尿とは

通常、正常な尿には血液の成分は含まれていません。しかし、なんらかの原因で血液成分が尿に紛れ込み、目で見た時に血液が混ざっていることが認識できる状態を肉眼的血尿と言います。 肉眼的血尿が起きる原因は、尿に血液が混ざりこむ場所によって病気を鑑別していきます。 ・腎またはその内側;腎臓の機能が悪化したり、腎臓内や腎臓周囲の血管や尿路の奇形があるため、尿に血液がまざる場合があります。厳密には肉眼的血尿とは異なりますが、肉眼的血尿に見える病気もあります。体内の代謝異常によって、一部の色素が血液中で増加し、尿に血液が混ざっているように見えるのです。 ・上部尿路;腎盂・尿管で出血しているために、血尿を生じている場合があります。原因に、尿路結石・尿路悪性腫瘍・その他臓器腫瘍の浸潤などが挙げられます。 ・下部尿路:膀胱・尿道で出血しているために、血尿を生じている場合があります。原因に、尿路結石・尿路悪性腫瘍・前立腺の異常(男性の場合)・精巣の異常(男性の場合)・膀胱の異常(細菌性膀胱炎・間質性膀胱炎・出血性膀胱炎など)・尿道の異常(尿道カルンクルなど)が挙げられます。 ・さらに下やその付近の臓器異常:尿が尿道から排泄されたあと、便器に入るまでに血液と混ざり血尿を生じている場合があります。原因に、痔疾患、腟炎、子宮など女性器の悪性疾患、外陰部の炎症性疾患(GSMなど)や感染症(ヘルペスなど)、外性器の傷などが挙げられます。

原因

腎炎 特発性腎出血 腎動静脈瘻 ナットクラッカー症候群(腎) ヘモグロビン尿・ミオグロビン尿 (肝機能障害・溶血性疾患・発作性夜間ヘモグロビン尿症など) 腎盂がん/尿管がん/膀胱がん 尿路結石症 細菌性膀胱炎 尿道カルンクル 性器ヘルペス GSM 陰部の傷 性器出血 痔疾

改善方法

病気の原因を治療することがもっとも重要です。 出血があると驚いてしまいますが、落ち着いて自分の症状を確認することが大切です。 痛みを伴う血尿の場合、 ・急性膀胱炎(細菌性膀胱炎) ・尿路結石 痛みを伴わない血尿の場合 ・膀胱癌 ・腎盂がん/尿管がん ・腎炎 痛みの程度や出血の量だけで病気を決定できないこともあるので、目で確認できる血尿があるときは、かならず泌尿器科を受診しましょう。

よくある質問

  • Q.尿に出血があると思うのですが、よくわかりません。どうしたら良いですか?
    A.不安な場合も受診していただいて大丈夫です。クリニックで検査を行って、出血が本当にあるかどうかを判断させていただきますので、排尿ができる状態で受診をお願いします。
  • Q.血尿がありましたが、それ以外に症状がないので、少し様子をみてから受診しようと思います。大丈夫ですよね?
    A.血尿以外の症状がないものを無症候性肉眼的血尿と言います。無症候性肉眼的血尿は、膀胱癌などの悪性疾患であることが多く、症状がある血尿よりも詳しく検査が必要と考えられています。自己判断を行わず、必ず病院で検査を受けるようにしてください。
  • Q.トイレでの出血はよくわかりませんが、下着に出血がついていました。これも肉眼的血尿ですか?
    A.下着に出血がつく場合は、尿路よりも外の原因で出血しています。この場合も病院の受診をお勧めします。

ご予約
RESERVATION

当院のご予約はすべてWEBからのご予約となっております。
当日のWEB予約は1時間前まで可能です。