尿漏れ

尿漏れとは

尿漏れとは、自分では、おしっこを出すつもりがないのに、勝手に尿が漏れてしまう状態です。 代表的な尿漏れに、尿意が強くなり我慢できなくなって漏れてしまう切迫性尿失禁と、くしゃみや咳で腹圧がかかったときに漏れてしまう腹圧性尿失禁があります。どちらも40代以降の女性から多くなってくる尿漏れです。 他にも、たまっているおしっこがうまく出せないことで、膀胱から漏れることでおこる溢流性尿失禁や、体が不自由などの理由からトイレに到着するまでに漏れが起きてしまう機能性尿失禁などがあります。 若い女性の場合、自分では尿漏れと感じていても、実際はオリモノが出てきているだけということもあります。

原因

腹圧性尿失禁 過活動膀胱(切迫性尿失禁) オリモノ 尿路奇形 陰唇癒合

改善方法

尿漏れは、非常によくある泌尿器科の症状ですが、ほとんどの人が、尿漏れを起こすための日常生活を過ごされています。 例えば、尿意もないのに先回りしてトイレに行き、しっかり尿がでるまできばって押し出す、などの意味のない腹圧をかける行動です。 これは、排尿の改善にならないばかりか、尿意がなくても腹圧をかければ尿漏れが起きるという練習をしているようなものです。即刻やめましょう。かわりに、トイレではなるべくリラックスした状態で排尿反射を待つことを心掛けるだけで、現在の排尿が改善することが期待できます。 骨盤底筋トレーニングも有効です。排尿を出しているときに尿道を引き締めるようにして尿を止めることができる人は、その時に使った筋肉が頻尿改善にも役立ちますのでぜひやってみましょう。

よくある質問

  • Q.尿漏れをしているのでパッドをひいていたので、蒸れて痒みがでてきました。一緒に診察はしてもらますか?
    A.はい。必要があれば行います。
  • Q.尿漏れの手術をしたいので、当日にうけたいです。
    A.尿漏れの手術は、過活動膀胱に対する膀胱内ボツリヌス毒素注射の手術と、腹圧性尿失禁に対する中部尿道スリング手術があり、どちらも初診当日に行うことはありません。まずは、正確な評価を行い診断をした上で、治療方針を決めることが必要です。

ご予約
RESERVATION

当院のご予約はすべてWEBからのご予約となっております。
当日のWEB予約は1時間前まで可能です。