外陰腫瘍

外陰腫瘍とは

外陰部にできている病変です。

原因

外陰部の皮膚や粘膜の下に腫瘍ができている状態です。炎症によってできる腫瘍の場合、陰部の洗いすぎや、オリモノシートなどをつけっぱなしにしていることが原因とも言われています。皮下にできる腫瘍については、原因は老化や体質などが考えられます。

治療方法

腫瘍が大きい、緊急性があるなどの場合は手術を行います。小さいものであれば薬など保存的に治療を行います。

検査

外陰部の診察、腟・皮膚の培養検査などを行います。

費用

外陰腫瘍の診療は保険診療です。診察のみの場合は自己負担額は1,000円程度です。土曜日午後の診療の場合は1割増となります。 以下のような場合は、金額が大きく変化することがありますのでご了承ください。 ・腫瘍の検査、腫瘍に対する処置を行なった時

ご予約
RESERVATION

当院のご予約はすべてWEBからのご予約となっております。
当日のWEB予約は1時間前まで可能です。