COLUMN
コラム

2023.10.25

心斎橋院
京都院
芦屋院

小陰唇が大きいのはなぜ?肥大の原因やデメリット、悪化させない方法をご紹介

小陰唇が大きい理由と解決方法について

小陰唇とは、女性器の大陰唇と呼ばれるふくらんだ部位の内側にある「薄いひだ状の部分」を指します。

大多数の目に触れる部位ではないものの、大切なパートナーの目に触れる部位であるため、形や大きさが気になっている方も少なくないでしょう。


今回は、小陰唇の平均的な大きさや肥大する原因、小陰唇が大きいことで考えられるデメリットをご紹介します

line友だち募集

小陰唇の平均的な大きさは?

小陰唇の平均的な大きさは、縦の長さが4cm程度、幅が1.5cm程度だといわれています。

大陰唇から少しはみ出す程度であれば、平均的だといえるでしょう。


小陰唇の形や大きさ、色については個人差が大きいため、「これが正常」といえるような定義は存在しません。


「健康上のトラブルに繋がっている」といったよほどの理由がない限りは、平均よりも大きいからといって気にする必要はないでしょう。

小陰唇が肥大する原因

小陰唇が大きくなる理由

小陰唇は、どのような理由で大きくなるのでしょうか。小陰唇が肥大する原因を詳しくみてみましょう。

先天的・遺伝的要因によるもの

小陰唇の大きさは、生まれつき遺伝子によってある程度決まっています。

身長が高い方や瞳の色が青い方がいるように、遺伝的要因によって、小陰唇が大きい方や大きくなりやすい方もいるのです。


先天的に小陰唇が大きくなる要因としては、遺伝や性ホルモンの分泌量、リンパ管や血管の走行、小陰唇側のホルモン受容の感度などが考えられ、女性の体が大きく成長する思春期以降に目立ち始めることが多いです。

後天的な疾患によるもの

小陰唇が大きくなる原因には、先天的な要因だけでなく後天的な要因も考えられます。

自転車やバイク、乗馬などで繰り返し小陰唇を刺激したり、事故で外陰部全体に大きなダメージが加わったりすることで、少しずつ、または急に小陰唇が大きくなることがあります。


また、アトピー性皮膚炎や、ナプキン・おりものシートによる蒸れやかゆみといった炎症が原因で、小陰唇が大きくなって戻らなくなるというケースもあるでしょう。


炎症のような疾患が原因である場合は、小陰唇の肥大だけでなく黒ずみが生じることもあります。

また、小陰唇をぶつけたり、掻きむしって傷を付けたりすると、小陰唇の大きさが左右で異なってしまうことがあります。


肥大だけでなく形が歪になってしまうこともあるので注意したいところですが、大きさに左右差があることが医学的に問題になることはないので、過度に心配する必要はありません。


他にも、陰部リンパ浮腫や潰瘍、腫瘍が原因で小陰唇が大きくなることもあるので、前触れもなく急に小陰唇が大きく腫れた場合や痛みを伴う場合は、病院で診察を受けましょう

女性器の老化によるもの

老化が進むと、顔にしわやたるみが発生するように、小陰唇の皮膚のハリも失われて垂れやすくなります。

また、大陰唇のボリュームが落ちてしまい、小陰唇が目立つことで肥大しているように見えることもあるでしょう。


老化というと顔を心配される方が多いですが、女性器にも老化現象は起こります。


老化が原因で小陰唇が大きくなった場合は、若いころは小陰唇を気にすることはなかったのに、歳を重ねるうちに形や大きさが気になるようになったという方が多いです。


また、さらに老化すると逆に小陰唇が萎縮して、硬く小さくなってしまうこともあります。

ホルモンバランスの影響によるもの

ホルモンバランスの影響で、小陰唇の大きさが変わることもあります。

特にホルモンバランスが大きく変化するようなタイミングでは、小陰唇が大きくなったと感じる方が多いようです。


思春期や更年期、妊娠や出産といったホルモンバランスが大きく変化するタイミングには、小陰唇が大きくなったり垂れ下がったりすることがあります。


特に出産によって腟周りの皮膚が伸びたり、会陰切開後の縫合で形が崩れてしまったりすると、小陰唇が大きくなったと感じるでしょう。

まとめ
  • ・小陰唇の大きさは、遺伝によって生まれつきある程度決まっている。
  • ・小陰唇は、刺激や摩擦といった外的ダメージでも肥大することがある。
  • ・老化やホルモンバランスの影響でも肥大するため、年齢やタイミングによって小陰唇の大きさは変化する。

心斎橋院へのご相談はこちら

京都院へのご相談はこちら

芦屋院へのご相談はこちら

男性経験が豊富だと小陰唇が大きくなるって本当?

「男性経験が豊富だと小陰唇が大きくなる」という噂を耳にしたことはないでしょうか。

このような噂を耳にしてしまうと、小陰唇の大きさについて悩んでいたとしても、恥ずかしくて誰にも相談できなくなってしまいます。


小陰唇の大きさは、先天的・遺伝的要因で決まることがほとんどです。


「男性経験が豊富だと小陰唇が大きくなる」という噂について、医学的・化学的根拠はありません。


小陰唇の大きさで悩んでいるという方は、恥ずかしがらずに婦人科や女性性機能について相談できるクリニックを頼りましょう。

小陰唇が大きいことで起こるトラブル

小陰唇が大きいことで考えられるデメリット

小陰唇が大きいと、日常生活にどのような影響を及ぼすのでしょうか。小陰唇が大きいことで考えられるデメリットをいくつかご紹介します。

痛みや違和感が出る

小陰唇が大きいと、包み込んでいる大陰唇からはみ出してしまいます。

そのため、締め付けの強い下着や通気性の悪い下着では、擦れて痛みを感じることがあります


また、自転車やバイクのサドルに長時間またがったり、道の悪いところを走行したりすると何度も擦れることになるため、違和感や痛みを覚えることがあるでしょう。


実際に傷ができていることもあるので、強い違和感や痛みがあるときは、小陰唇を観察して同じような状態にならないようにすることも大切です。


一度大きくなった小陰唇は、ほとんどの場合小さくなることはありません。


気になって触ってしまうことで、さらに大きさや色の変化が気になってしまうこともあるでしょう。


また、汚れた手で繰り返しデリケートゾーンを触ると、外陰炎や腟炎のような感染症を発症することもあるので、痛みや違和感が気になる場合にはクリニックに相談してください。

排尿しにくくなる

小陰唇が大きくても、排尿の障害になることはありません。

むしろ陰部が加齢とともに小さく癒着していくうちに、腟口が閉じてしまうことでしっかりと排尿できなくなることがあります。


小陰唇が大きいと、尿が変な方向に出たり飛び散ってしまうと感じている方は、排尿時に必要以上に腹圧をかけて、不必要に尿の勢いをつけてしまっています。


小陰唇に尿があたることで尿の出る方向が変わることもありますが、ほとんどの場合、体の下の方にすこし滴ってしまうくらいの変化になるだけで、排尿がしにくいと感じるほどの変化にはなりません。排尿の仕方を見直してみてください。


また、小陰唇に付着した尿の刺激でかゆみを感じることもありますが、これは小陰唇の大きさそのものよりも、尿がかかってしまう粘膜が薄かったりバリア機能が弱っていたり、日常生活で細かな傷がついていたりするために不快感を強く感じるからです。


尿がかかったからといってすぐに雑菌が繁殖して病気を発症する、ということはありませんので過度に心配しないようにしましょう。


そうはいっても小陰唇が大きいために排尿が難しい、尿を拭き取るのが難しいと感じてしまう場合には、小陰唇縮小術を受けることですっきりすることもありますので、手術ができるクリニックへ相談しても良いかもしれません。

デリケートゾーンが不衛生になる

小陰唇に限らず、デリケートゾーンは汚れがたまりやすいと誤解を受けていますが、必要以上に洗い過ぎないことが大切です。

尿が少し付着する程度は汚れではないので、過剰に洗浄することはやめましょう。


排尿後にゴシゴシ擦ったり、洗浄器やシャワーで洗い過ぎたりすることが、陰部の自浄作用を邪魔して臭いやかゆみ、感染症の原因になることがあります。


一方、生理の経血は、ナプキン・タンポン・経血カップなどで体に付着してる時間が長くなってしまうため、放置すると蒸れて、かゆみや臭いの原因になることがあります。


夏場は汗もかきやすいため、雑菌が繁殖し、臭いが気になることも多くなるかもしれません。


デリケートゾーンのお手入れは、シンプルかつ短時間に行うことで、粘膜の健康を害することなく自浄作用を維持することができます。


小陰唇が大きいからといって、不潔になることはないので安心してください。

反対に、小陰唇が小さいからといって、清潔であるということはありません。

一番大切なのはケアの方法であり、ケアをやり過ぎることで気になる症状が悪化している可能性があることを知っておくと良いでしょう。

小陰唇の黒ずみが目立つ

小陰唇の大きさだけでなく、「黒ずみ」が気になるという方も少なくないでしょう。

形や大きさに個人差があるように、色も人によって異なります。小陰唇が黒ずむ原因には「年齢(ホルモンの分泌量)」と「摩擦」が挙げられます。


黒い色はメラニンという色素によるものですが、色素が発生する理由は、外的な攻撃から皮膚や粘膜を守るためです。

そのため、性成熟期(10代の後半から40代ごろまで)の女性ホルモン分泌が多い時期には、陰部の色素が濃くなるという性質があります。

閉経した後はホルモンが少なくなり、自然に色が薄くなることが多いです。

また、小陰唇は、平均的なサイズであっても元々大陰唇から少しはみ出しているため、下着やナプキン、おりものシートに触れて擦れてしまいます。

摩擦は、肌が受けるダメージです。摩擦を感じると、肌はその部位を守ろうとメラニンの生成を促進し、色が濃く変化するのです。

周囲の目が気になる

小陰唇は、頻繁に人の目に触れる部位ではありませんが、大切なパートナーの目には触れる部位です。

また、大浴場や温泉といった公共の場では、不特定多数の人の目に触れることもあります。


小陰唇が大きいと、パートナーにどう思われるか気になって消極的になってしまう。小陰唇を見られるのが恥ずかしくて、温泉に入れないという方もいるでしょう。


また、小陰唇が大きいとはみ出してしまうのではないかと気になって、好きな下着や水着を自由に選べないといった弊害も考えられます。


ただ、何度も言うように小陰唇のサイズや形には個人差がかなりあるため、どのような形だから良くないということもありませんので、自分の状態に自信を持つことも大切です。

まとめ
  • ・小陰唇が肥大することで下着に触れ、痛みや違和感が出ることがある。
  • ・排尿やデリケートゾーンの問題は、小陰唇が大きくても工夫次第で解消できる。
  • ・小陰唇の大きさが気になることはあるが、問題はないため自分に自信を持つことも大事。

小陰唇の肥大を悪化させない方法

小陰唇の肥大を悪化させたくない方は、摩擦のような肌ダメージを与えないことが大切です。

具体的には、以下の方法が有効だといわれています。

・肌に優しい素材の下着を選ぶ
・締め付け過ぎない服や下着を着用する
・小陰唇を圧迫する座ったままの体勢は避ける
・体を洗う際に小陰唇をゴシゴシ擦らない
・自転車に乗るのは可能な限り避ける

小陰唇を大きくしたくない方は、その部分へ負担がかからないように、生活習慣を見直しましょう。

自身の生活に合わせて、取り入れやすい方法から試してみてください。

line友だち募集

小陰唇を小さくする方法

小陰唇の縮小する方法

大きい小陰唇を小さくすることは可能なのでしょうか。小陰唇を小さくする具体的な方法をご紹介します。

小陰唇はセルフケアで小さくできる?

一度大きくなった小陰唇をセルフケアで小さくすることは、難しいといえます。

炎症のように一時的に大きくなっている場合であれば、症状が治まれば再び小さくなりますが、体質やホルモンバランスが原因で大きくなった小陰唇をセルフケアで小さくすることは不可能です。


アンダーヘアで小陰唇を目立たなくするといった対策はできますが、小陰唇そのものを小さくしたい場合は、「小陰唇縮小術」を受ける必要があります。

「小陰唇縮小術」とは?

「小陰唇縮小術」とは、小陰唇の肥大した部分をメスやレーザーで切り取り、違和感のないように縫合する施術方法を指します。

小陰唇を小さくすることはもちろん、左右差を揃えたり形を整えたりと、外科的なアプローチをすることが可能です。

メスで切り取るというと怖いと思う方もいるかもしれませんが、局所麻酔を使用して行われるため、施術中に強い痛みを感じることはないでしょう。

クリニックによっては、マスク麻酔や静脈麻酔を併用することも可能です。

「小陰唇縮小術」がおすすめの方の特徴

「小陰唇縮小術」は、以下の条件に当てはまる方におすすめです。

・小陰唇が大陰唇から大きくはみ出していて目立つ
・小陰唇が下着や衣類に擦れて痛みを感じる
・小陰唇の黒ずみが気になる
・小陰唇の左右差が気になる
・性器にかゆみや炎症が起こりやすい
・性器に汚れがたまりやすく、臭いが気になる
・小陰唇が障害となって排尿がしにくい
・将来の介護に備えて小陰唇の形を整えておきたい

小陰唇の大きさにコンプレックスを感じているものの、施術を受けるか否か迷っているという方もいるでしょう。

小陰唇縮小術を検討しているという方は、まずは婦人科や女性性機能について相談できるクリニックでカウンセリングを受けましょう。


不安に思っていることをすべて解消した上で、施術を受けるか否か判断することをおすすめします。

小陰唇に関するお悩みは二宮レディースクリニックへご相談ください

小陰唇に関する記事のまとめ

小陰唇の形や大きさ、色には個人差があるため、大きいからといって気にする必要はないでしょう。

しかし、健康上の問題に悩んでいるという方や見た目がコンプレックスになっているという方は、一度クリニックへご相談ください。


医療法人心鹿会「二宮レディースクリニック」、「海と空クリニック京都駅前」、「あやこレディースクリニック」は、医師も看護師も、スタッフ全員が女性です。


センシティブな問題も気兼ねなくお話しいただけるよう、リラックスできる環境づくりに努めています。


小陰唇の大きさにお悩みの方は、ぜひ医療法人心鹿会へご相談ください。

心斎橋院へのご相談はこちら

京都院へのご相談はこちら

芦屋院へのご相談はこちら

この記事の監修者
二宮 典子

医師。泌尿器科専門医・指導医、漢方専門医、性機能専門医。
2015年から女性医療に特化したクリニックの院長として泌尿器科・婦人科・性機能に関する専門的診療に従事。医療者向けの講演会や一般向けのYouTubeなど幅広い活動を行う。2021年にNINOMIYA LADIES CLINICを開院し、院長就任。自院では、医療者にしかできない誠実で安全な美容を提供するべく、アートメイク・女性器治療などにも注力する。